自宅でホームケアをしたい

鏡を見る女性

施術後のお手入れが重要

ほくろはメラニン色素が集まっている状態なので、茶褐色や黒っぽい形状をしており、誰にでも見られる皮膚の病変のひとつです。顔や首、胸などに目立つほくろがあると、外見の印象が悪くなってしまうため、美容皮膚科のクリニックでほくろ除去の施術を受けたい人が増加しています。サイズが大きかったり、皮膚から盛り上がっている場合は、皮膚の深い部分の皮膚組織を切除する必要があります。ほくろと皮膚組織を破壊して取り除くため、施術を受けた直後はお肌が大変デリケートになっています。治療を受けた部位は、皮膚組織が再生してくるため、多少の赤みや痒みなども出ることもあります。ほくろ除去の施術を受けた直後は、抗生剤の外用薬を患部に塗ったり、肌色の絆創膏を使って保護をする必要があります。強い紫外線や摩擦などはお肌にダメージを与えてしまうため、洗顔後はお肌に優しい素材のタオルを使用して、優しく水気を拭き取ったり、日焼けをしないことが大事です。外出をする時は、日焼け止めを必ず使用したり、帽子や日傘などでガードをしたりすることが大事です。電気メスによる切除、縫合を受けた後は、一定期間を過ぎると抜糸をする必要があります。抜糸をするまではお手入れを怠らないようにしましょう。ほくろの大きさは一人一人違ってくるため、最適な治療法が違ってくるため、美容皮膚科のクリニックで診察や視診、カウンセリングを受けて最適な方法を提案してもらいましょう。美容皮膚科のクリニックでは、ほくろ除去は大変ポピュラーになっており、痛みが少なく傷跡も目立ちにくい方法もあります。炭酸ガスレーザーを使用したほくろ除去は、メラニンが黒く集まった部分にレーザーを照射します。電気メスによる切除、縫合に比べると傷の治りが早く、自然な仕上がりが特徴なので幅広い年代に人気があります。レーザー治療は施術の時間も短く、体の負担の少ない方法なので人気があります。信頼できる美容外科のクリニックを選ぶと、繊細で高い技術を持った医療スタッフが在籍をしているため、ほくろ除去の施術を受けた後はきちんとアフターケアを行うことで、色素沈着などの肌トラブルを防げます。施術を受けてから、3週間から、4週間ぐらいを経過すると、皮膚組織が再生してくるため、きれいな素肌になれます。モデルや芸能人などの著名人の間でも、大変ポピュラーな治療なので、高い関心を持っている人が増加しています。皮膚の形状によっては保険適用が受けられるケースもあるため、一度相談してみると良いでしょう。