日焼け止めを使用する

鏡を見る女性

絆創膏や薬を使用します

美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、サイズが大きかったり、盛り上がったりしている形状のほくろの場合は、レーザー治療や切除縫合法などのほくろ除去治療が受けられます。現代は痛みをほとんど感じずに、傷跡が目立ちにくい治療が受けられるため、幅広い年代の人が施術を受けています。ほくろ除去の施術を受けた後は、お肌がとてもデリケートになっているため、日焼けをしないことが大事です。紫外線吸収剤などが入っていない日焼け止めを使用したり、外出をする時は帽子や日傘などを使用したりすることも大事です。日焼けをしてしまうと、黒ずみなどの色素沈着の原因になってしまうため、お肌を焼かない工夫が大切です。レーザー治療や縫合手術を受けた後は、患部がとてもデリケートなので、専用の絆創膏を貼っておく必要があります。切除縫合法の施術を受けた後のアフターケアは、水で患部を濡らさないことが大事なので、肌色の絆創膏やテープを使って保護をする必要があります。傷口が膿んでしまうのを防ぐために、抗生剤などの外用薬を塗ったり、内服薬を服用したりすることが大事です。切除縫合法の場合は、専用の糸を使って縫合をするため、抜糸まではテープを使って保護をしておきましょう。施術後のアフターケアをきちんと行うことで、美しい仕上がりになります。比較的小さいサイズの場合は、痛みが少なく、傷跡がほとんど残らないレーザー治療を行うことが多いです。美容皮膚科や美容外科のクリニックは、完全予約制の所が多いため、電話などで予約を入れておくと、希望の日時に診察が受けられます。完全個室で診察をしたり、悩みを相談できるため、じっくりと説明を受けたりすることが大事です。良性なのか、悪性なのか確認をするための検査を行うこともあります。ほくろ除去の手術を希望している場合は、同意書にサインをする必要があります。ほくろ除去の治療を受けるためには、健康保険証や印鑑などが必要になります。信頼できる美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、費用の相談もしやすいので安心です。皮膚から盛り上がっていたり、大きいサイズのほくろの場合は、やや費用は高めになります。レーザー治療でほくろ除去の施術を受けた後は、患部を乾燥させずに治療を行う湿潤治療などを行うことが多いです。専用の絆創膏やテープを処方してくれるので、患部の状態が良くなるまでは、根気よくアフターケアを行必要があります。地元で評価の高い美容外科のクリニックを選ぶと、施術後のアフターケアも丁寧なので、安心して申し込みができます。ほくろ除去の施術を受けてから、3、4週間を経過すると、お肌の状態が良くなります。