安全性の高い方法です

カウンセリング

皮膚の状態を診察します

ほくろは母斑の一種なので、茶褐色や黒っぽいのが特徴になっており、直径が2、3mmの小さなものから、サイズが大きく盛り上がっている形状のものがあります。誰にでもある皮膚の病変ですが、顔や首などの目立つ部分にほくろがあると、お肌がくすんで見えたり、外見に悪影響が出たりする場合もあります。美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、気になる部分にレーザーを照射することで、除去することが可能です。レーザー治療は皮膚の黒い部分にだけ照射をするため、健康な皮膚には影響はほとんどなく、当日からメイクや洗顔などができるのが特徴です。レーザー治療は短時間で施術が終わりますし、傷跡も目立ちにくくきれいな仕上がりが特徴です。直径が5mm以上の盛り上がっているほくろの場合は、高周波電気メスを使用した手術を行うケースもあります。電気メスは切開と同時に止血ができるため、出血を最小限に抑えることが出来ますし、従来の手術に比べると傷の治りが速いなどのメリットがあります。美容外科や美容皮膚科のクリニックでは、診察やカウンセリングに時間を掛けてくれますし、悪性か良性なのか確認をする検査なども受けられます。一人一人の皮膚の形状に合わせた治療法を提案してくれます。美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、レーザー治療や高周波電気メスによるほくろ除去が受けられるので、幅広い年代の人が通院をしています。レーザー治療は基本的には保険適用外になっていますが、皮膚の状態によっては保険が効く場合もあるため、医師のアドバイスを受けて下さい。信頼できる美容皮膚科や美容外科のクリニックは、口コミでも評価が高く平均的な相場になっているので、安心して通院ができます。カウンセリングの時に費用の相談ができるので、安心して通院ができます。保険適用外の治療の場合は、クレジットカードによる後払いや医療ローンなどが利用できる所も増えています。平均的な相場に比べると高すぎたり、安すぎたりする場合は避けたほうが無難です。ほくろ除去の施術を受けた後は、皮膚が大変デリケートになっているため、日焼け止めなどを使ってUV対策をしておくことが大事です。電気メスによるほくろ除去をしたら、専用の糸を使って丁寧に縫合をしてくれます。傷が治るまでは肌色の絆創膏を使って患部を保護しておく必要があります。口コミで評判の高い医療機関を選ぶと、施術後のアフターケアも丁寧なので安心できます。化膿止めや外用薬なども処方してくれるので、自宅でお手入れをしましょう。