自宅でホームケアをしたい

鏡を見る女性

顔や首などの目立つ部分にほくろがあると、外見に悪影響が出るため、美容皮膚科のクリニックでほくろ除去を受けたい人が増えています。施術を受けた後のアフターケアをきちんと行うことで、色素沈着などを防げます。

詳しく見る

メラノサイトが原因です

医者

メラニン色素を持った組織が集まってできたほくろは、基本的には良性の腫瘍として扱われます。除去するためには物理的に切除する方法とレーザーの照射がありますが、保険適用の点で違いがあり、どちらの場合も施術後には保護したりケアしなければなりません。

詳しく見る

安全性の高い方法です

カウンセリング

ほくろは母斑の一種なので、誰でも皮膚の病変はありますが、顔や首などの目立つ部分にあると外見に影響が出てしまいます。美容皮膚科や美容外科のクリニックを受診すると、レーザー治療や高周波電気メスによる、ほくろ除去が受けられます。

詳しく見る

日焼け止めを使用する

鏡を見る女性

美容皮膚科や美容外科のクリニックで、ほくろ除去の施術を受けた後は、皮膚がとてもデリケートになっているため、きちんとアフターケアを行う必要があります。外出をする時は日焼けを防ぐために、日焼け止めを使用することが大事です。

詳しく見る

色々な種類があります

女性

傷跡も殆ど残らない

ほくろといっても形状や広がり方などによって、いくつかの種類があります。大きく分けると表面が平坦なタイプと、表面が盛り上げるタイプに分かれます。まず平坦なタイプなかでも、一番よくみられるのは「クラーク母斑」と言うものです。先天的に発生していることが多く、全身のいたるところから発生する可能性があります。薄い褐色をしていますが、サイズが大きくなるに従い色味が強くなる傾向が見られます。「スピッツ母斑」は左右対称で丸みを帯びていますが、クラーク母斑に比べると黒い色合いが濃厚なのが特徴です。これに対して表面にふくらみを伴うタイプには、表皮の下の真皮層にひろがる、「ミーシャー母斑」、表面がひび割れを起こしてブドウの実のように表面がざらついているのが特徴の「ウンナ母斑」などがあります。ところでほくろと混同されがちなのが、シミになります。いずれもメラニン色素が異常増殖している点で共通しています。しかしシミはいびつな形状をしており、シミでは広範囲に広がる傾向がみられるようです。いずれにせよ紫外線の刺激や老化の影響で、拡大したり数が増加したりする可能性があります。特に高齢になると悪性化するリスクが増すので、高齢者の顔などで短時間で変化をみせる場合、注意が必要です。ほくろを除去する方法には色々あります。従来から行われている単純切除術では、サイズが大きく表面に大きく隆起しているようなタイプには特に有効です。表面にふくらみを伴うタイプでは、表皮の下にまで母斑細胞が分布している可能性があるので、再発を防ぐためには切除術が有効です。一見して目に付く黒く目立つほくろも確実に除去できるので、見た目の印象を一変することが人気の理由です。ところで単純切除術では局所麻酔を注射して、切開を加えるので僅かではありますが傷跡が残る可能性があります。それほどの盛り上がりを伴っていない場合には電気メスで蒸散させたり、各種のレーザー照射療法も美容クリニックではよく実施されています。電気で焼く治療の場合ある程度の厚みをもったほくろでも十分除去することが可能です。施術部位は軽いやけど状態になっているので、回復するまで保護テープを貼って、紫外線を遮断する必要があります。またレーザー照射ではほくろの状態に応じて、各種のレーザーを使用します。比較的ポピュラーなのはフラクションレーザーになります。細胞内部の水分に反応して蒸散させて患部を取り除きます。これらの治療では殆ど痛みを伴うことなく、術後のダウンタイムも軽いので高い人気をほこり、最近では治療の有力な選択肢になっています。